文化・芸術

4月の懐石秘密箱

昨日は月に一度の懐石のお稽古の日でした。

今回の「懐石秘密箱」は、とても貴重な体験をすることができました。
禅の食事作法「行鉢」。
まずは座学。Dsc_3625
本来は出家された、僧侶の方々の食事のお作法なのですが、
特別に、特別に、特別に、
今回は私たちにもわかりやすい言葉で、お作法にこめられている意義なども合わせて勉強させていただきました。

行鉢で唱えられるお経の意味も、はじめて知りました。
いつも何気なく、何も考えずに食事をいただいていることが恥ずかしくなってくるような
とても重みのある内容でした。

そのあと、お茶室にて、実際に、お道具を使って、お作法を教わりながらお食事をいただきました。

「食べること」の重みと、ありがたさをかみしめながら心静かに食事をいただく。
心をきれいに洗ってリセットする、春。
私にとって、新年度の最初のお稽古は、そんな意味のあるお稽古だったように感じました。

短冊の文字は「唯」。Dsc_3627

お稽古の前の、お抹茶とお菓子heart01毎回楽しみにしています。
Dsc_3624
お稽古の後のフルーツ。
美しい~。Dsc_3629

懐石秘密箱

今日は仕事が休み。
毎月、通っている、懐石のお稽古でした。

お稽古前に頂くお抹茶と、お菓子。
Dsc_1668
その後、まずは、座学。

ここに通い始めた1年前は、なにもかもが未知の世界。
はじめて聞く単語ばかりで理解が追い付かなかったのですが、
その後、お茶を習い始めたことで、ようやく、点と点がつながりはじめて、少し、言葉の意味だけは、かろうじてわかるようになってきました。

やっと、スタート地点のちょっと手前かな、という感じです。
これから、まだまだ、先は長そうsweat02

今日は、今年の最後の懐石のお稽古なので、テーマは納会と除夜釜。
「侘び月」…いい響きの言葉です。(しみじみ)

うずみ豆腐。
Dsc_1671
写真を撮り損ねたけれど、八寸の、先生お手製のからすみの美味しいこと!
感動の美味しさでした。
お蕎麦。Dsc_1681
この蕎麦椀の小風呂敷での包み方を教わりました。
Dsc_1682
明日から、練習を兼ねてお弁当の包み方は、これだな。
点心。Dsc_1683
この柚子が、とーーーーーーーっても、美味しかったのです。
作りかたも教えていただきましたshine
これは、これは、ぜひとも作ってみたいです。

今日は思い立って、着物を着ていったのですが、
これまでの母に習った「帯を結ぶ結び方」、ではなくて、今習っている流派の「結ばない結び方」で、着付けにチャレンジ。

鏡を見ないで着るのは、ほんとうに難しい。。。
でも、今日はどうしても、今、習っている着方で行きたかったのです。
うーーーむ。でも、やはり、帯の端っこの仕上がりが残念。なんか気に入らない。
なかなか難しいものです。
次回の着付けのお稽古では、もう一度、びしばしとポイントを教わってこようsweat01
日々、精進です。

舞台司会用のド派手な帯も、イマイチだったなぁ。

次回までに、おくゆかしく、ちょっと控えめな帯を実家に探しに行って来よ。

やまとなでしこ道、ばく進ちゅう~

滝の白糸

.台風一過。
今日はすっきり晴れています。
いつも通り、浅野川は、川底まで透き通って見えます。
Dsc_5541_3

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

お友達のカフェが10周年を迎え、記念イベントをすることになりました。

篠笛の演奏と朗読のゆうべです。

というわけで、夏の始めにお声をかけていただき、明日の夜、カフェで、朗読をしてきます。
金沢の三文豪の作品を…というリクエストをいただいていたのですが、
三文豪の作品はどれも話し言葉とは大きく異なる文語体。。。

当時の雰囲気が出て、それもいいのだろうけど、私としては「聴いて物語を楽しんでもらいたい」という思いがあるのです。
意味がわからないよりも、誰もがストーリーをわかるようにして、しかも文語体の趣も味わってほしい。

ということで、泉鏡花の「義血侠血」を選びました。

いただいた時間は30分。
この作品は全部読むと1時間以上は軽くかかってしまうので、有名なシーンをいくつか選び、そこは原文のままでたっぷり。
その間のあらすじを現代文の解説でつなぐ構成にしました。

飛ばした部分のあらすじの原稿を書くのが結構大変でしたが、
なんとか形になるものが出来ました。
30分ギリギリかなあ。ちょっとはみ出そう。

いつもマンションのテラスから見える梅の橋。
その1本上流に見える「天神橋」が、主人公の滝の白糸と欣弥の語らいの舞台です。
天神橋。Dsc_5542_3
物語の中ではこの橋の上で欣弥はうたた寝をしていたというのだけど…
今では天神橋は路線バスも通るのよね。。。

梅の橋のすぐそばには滝の白糸の像もあります。
Dsc_5540_2
この白糸像のすぐ隣は…月二回の資源ごみ置き場になっています。
月1回は埋め立て場ゆきのゴミも、空きびんも置かれます。
…なんだかなあsweat02
白糸像に、明日の朗読がうまくいって、皆さんに楽しんでいただけるようお願いをしてきました。

今日は、だーりんは仕事で一日いないので(´・ω・`)、
家でひたすら最後の読み込みをして、
夕食の支度を早めにして、だーりんのご両親宅に夕食をお届けに行って、
夜は、気持ちを切り替えて、来週の民謡舞台のスタッフ会議に出席してきます。

今日もカラダいっぱい、ココロいっぱい、その時その時の自分の居場所で頑張りまっせ!

夜のお散歩

夕食後、だーりんとお散歩。
今日からライトアップが始まった金沢城公園と兼六園へ歩いて行ってきました。

金沢城から石川門を抜けて、兼六園へ。
色とりどりの和傘を並べて、光のオブジェが作られていました。
きれーい。shine
やっぱり光るものって、心惹かれるなぁ…heart04
一番右の下の、ピンクの小さなモミジ模様のついた和傘が、特に、私の好みでした。
パステルっぽくて、かわいい~。

池の向こう側のライトアップもきれいでした。
ゆったりのんびり、夜のそぞろ歩きも、いいものね。
今年の秋は、健康と美容のため、せっせと歩きましょうっと。