« インプット | トップページ | フレンチランチ »

フレンチのお料理教室

ホテル主催のお料理教室に行ってきました。
大阪の、ミシュランの星つきレストラン「ユニッソン・デ・クール」の阪本シェフがフレンチのお料理を教えてくださるという、料理のイベントです。

仕事が休みの娘を誘って、二人で参加してきました。Dsc_5486
今回教えていただいたのは
エビのビスクと、鴨のロティ。
Dsc_5487
お刺身の後の、甘エビの頭と殻を使い、目の前でビスクを作ってくださるのですが、もうーーーーう会場じゅう、うっとりするほどすごくいい香り!

鴨のロゼの焼き方は、ステーキなどほかのお肉料理にも応用できるとのこと。

頂いたレシピを見たら白ワイン、ブイヨン、生クリーム…ほとんどが「適量」…sweat02
もう、目を凝らして、入れる量をチェックするしかない!
白ワイン、瓶から直接2回転半、とか、よーうわからん。

でも、プロのワザってそんなものなのかもね。。。

でも、あのビスクは作ってみたいっ
私が作ると「適量」じゃなくて「適当」になりそうだけど。(;´▽`A``

教室が終わった後は、最上階に移動して、
この日限りの、阪本シェフのランチのコースをいただきます。

コースの中には、今習ったばかりの、ビスクと鴨も出てくるとのこと。

すごく楽しみ。
娘と一緒にスペシャルなランチというのが、なお嬉しい。

« インプット | トップページ | フレンチランチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あははは(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
昔、外食産業に勤務していた時なんですけど、
料理の鉄人に出てた鉄人さんのメニューって商品があったんです。
その料理打ち合わせの為に鉄人さんのお店に伺い、
考えて頂いたメニューのレシピを頂いたのですが、
なんと調味料のほとんどが「適量」と記載されていました。


こんなのレシピじゃねぇ凸(`Д´メ)と心の中でつぶやきました(笑)

いいなぁ~^^ 娘さんとの、そんなお出かけ(夢だわ)

適量というのは、例えば 蕎麦うち名人が
気候や湿度によって、水とか 塩の配合を変える。。。
                     そんな感じなのでしょうか(--

けれど、私の毎日のご飯も 適当(あ、やっぱ 適量ではなかった・・・)

ゆかさんの感性で、目と 舌と 味で 再現されたら
それが、ゆかさん宅の お味になるってことでしょうかね^^

      それにしても、裏山鹿(・・*

Novco24さんへ☆

ほんとにどれも、「適量」と「少々」しか書いてないんですもんっ。crying
かなり推理力のいるレシピです。

適量でも、毎回おいしく作れるのが達人なんだろうなあ。

はなちゅわんさんへ☆

そうそう、それに素材の状態によっても、入れる量も変わってくるんでようね。
わかっちゃいるけど「これぞテッパン」みたいな量目のはっきり入ったレシピ欲しかったなあー

私も日々「適当」ですheart01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インプット | トップページ | フレンチランチ »