« 月山湖 | トップページ | アル・ケッチァーノ »

庄内映画村オープンセット

今回の山形の旅のメインは、庄内映画村へ行くこと。
日本映画好きのだーりん、時代劇ファンの私、どちらも楽しみにしていた観光スポットです。
二日目は、鶴岡市の郊外にある、庄内映画村オープンセットに行ってきました。
広大な敷地に、農村、漁村、宿場といろいろなエリアに分かれて、リアルな村や町が再現されています。

入口にあるお風呂屋さんは、映画おくりびとの撮影が行われた銭湯を移築したもの。
中も撮影されたそのままになっています。
P5057889_640x480
とても広いので村内のエリア間は、乗り降り自由のバスで移動します。
P5057896_640x480
本当に人里離れた昔話の世界にいるみたい。
P5057938_640x480
建物の中も自由に見て回れるのが面白い。
中も家財道具などリアルに置かれています。
P5057902_640x480
座頭市や十三人の刺客など、いろんな日本映画や時代劇の撮影が行われた場所。
どこかで見たことがあるような風景があちこちにあります。
P5057977_640x480
月山を背景にしたこの映画村、最近は映画版おしんの撮影が行われたばかりだそうです。
これは、映画を観る楽しみがますます増えそう!

« 月山湖 | トップページ | アル・ケッチァーノ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うわ~、リアルに作られていますね。
こういう場所があるのは知りませんでした。^^京都の映画村だけだと思ってた。

まいちゃんへ☆

私も京都しか知りませんでした。
京都は江戸時代の町のセットだけど、こっちのほうは「ひなびた村」といった設定の映画がよく撮影されているそうです。建物もボロボロに作ってあって、扉がむしろだったり、屋根が石だったり。穴だらけだったり。
姥捨て山や座頭市などの映画の風景そのままで、京都とは全然違って興味深かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月山湖 | トップページ | アル・ケッチァーノ »