« 淡路島 | トップページ | かずら橋 »

大歩危、小歩危

淡路を出て、今日は徳島県へ。
鳴門大橋を渡って…

残念ながら、渦潮は見ることはできなかったけど、波がいろんな方向からぶつかり合っているのが、橋の上から見えました。
阿波踊りの交通規制で、道はかなり混んでいましたが、渋滞にもめげず、まずは大歩危(おおぼけ)小歩危(こぼけ)の峡谷へ。

大股で歩くと危ない、小股で歩いもやはり危ない、ということから、名付けられた地名なんだって。

エメラルドグリーンの川を奇岩の数々が見下ろすような、迫力いっぱいの風景でした。
柵ごしでも足がすくむほど高ーい。
さらに下を見ると、遊覧船の乗り場に並ぶ人が豆粒みたいに小さく見えました。
秘境…とは、とても言えないほど、駐車場も満杯、人もうじゃうじゃでした。

« 淡路島 | トップページ | かずら橋 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 淡路島 | トップページ | かずら橋 »