« 胡弓&二胡 | トップページ | 春の一日 »

ライアーゲーム

レイトショーで、映画「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」を観てきました。


もともとのテレビシリーズは、深夜枠時代から見ていたのですが、「嘘を使いこなして大金をかけたゲームを頭脳戦で勝ち残る」というストーリー、見るほうも、かなり頭を使わないとついてゆけないsweat02部分もある、結構難しいドラマでした。


でも、いかに上手に相手をだますか?というだけではなく、先を読んで自分の思い通りに誘導していき、将棋のように詰めてゆくのがすごいし、痛快でおもしろくてハマっていました。


だから、この映画もかなり期待していました。shine


ゲームの内容や説明を理解するためには、脳のいつも使わない部分をフル回転させてる感じがして、どっと疲れるけどsweat01…でも、これがまた、心地よい疲れなのよねー。


見終わったあとは、脳が筋肉痛?起こしそう。「あー、脳トレしたぞー」という気持ちになるかも。


松田翔太演じる主人公の秋山もクールでカッコイイしねー。lovely


映画「ライアーゲーム」。期待通り、ハラハラドキドキ、おもしろくて、しっかり脳トレできた映画でした。scissors

« 胡弓&二胡 | トップページ | 春の一日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 胡弓&二胡 | トップページ | 春の一日 »